Search ico smartphoneCross ico smartphone
443x590

妖精とパーン - 官能短編小説

– オルリック

(0)

Lire sur le web

Pour profiter pleinement de l’expérience Youboox, téléchargez l’application

Téléchargez l'appli Youboox sur l'App storeTéléchargez l'appli Youboox sur Google Play
そこにいたのは五人の男で、毛皮のズボンを履いて、奇妙なアニマルマスクを着けていた。そのマスクは噛み癖のある大型犬に被せるマズルにも似ている。ズボンとマスクの二つが合わさって立派な衣装になっている。パーンの服だ。 私のあの妖精の妄想を体現している。 想像が現実になった。 私がパーンを見た直後に彼らはいつもの儀式を始めた。五人のパーンはそれが合図だと知っていたのだ。軽かった彼らの足音がどんどん重くなっていくのがわかる。 この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。

Editeur

Saga Egmont International

Langue

Japonais

Pages

15

Taille

66.6 KB

Date de parution

21/08/2019

EAN

9788726242393

Catégories

Romans & fictions, Romans, Top des Romans